意匠法

意匠の保護対象と特許の保護対象

意匠の創作も特許の創作も有体財産と異なり形がない点で一致します。

しかし特許法で保護される発明は自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいい、創作の面のうち技術的思想のアイデアを保護するものです。

これに対し、意匠法では美感の面からデザインのアイデアを保護するものです。

意匠法によるデザインの保護

商標法によりブランドが保護されます。この商標法の保護対象の本質は商標と一体となった業務上の信用ということになっています。ブランドマークそのものを保護するのではなく、そのブランドマークの裏に潜む信用を守ることが大きな使命になっています。

これに対し意匠法は新たなデザイン上の創作を保護するものです。

ブランドバッグの場合で説明すれば、バッグに付けるブランドのタグが商標です。この場合、どのバッグであっても商標が同じなら商標権の侵害になります。

これに対し、意匠の場合は登録意匠であれば、バッグのデザインそのものが権利対象になっていますので、バッグに付けるブランドのタグが異なっても、バッグそのものが同じなら意匠権の侵害になります。

デザインを意匠登録する際の注意点

意匠法に定めるデザインの保護は、物品に具体的に一体となったデザインです。

具体的な物品と切り離されたデザインモチーフそのものは意匠法による保護対象とはなりません。

例えば自らしたデザインがお皿のものであればお皿の物品を指定して意匠登録出願をする必要がありますし、デザインが自転車のものであれば自転車の物品を指定して意匠登録出願をする必要があります。


意匠権のRSS最新関連速報

  • トラックバック:0
    ファーイースト国際特許事務所:士業の相互リンク集を作成しました. ・ファーイースト国際特許事務所:商標登録の手続き ... ファーイースト国際特許事務所:商標登録関連リンク集. ・平野泰弘:相互リンクが増えました。 ・平野 ...

意匠権により自社独自デザインを強力に保護することが可能になります。


意匠権の外部RSS参照リンク